<ラキオス王国>

このページでは本作に登場するラキオス王国関係者について紹介します。

 

 


見出しジャンプ

ページの最初へ   ラキオス王国概要へ   王族   軍人   政治家   ダグラスの密偵   技術者  

首都直轄軍所属スピリット   第二詰め所のスピリット達   エルスサーオ方面軍スピリット

ラセリオ方面軍スピリット

 


ラキオス王国概要

ラキオス王国

 建国:聖ヨト259年暦
 総人口:約10.0万人
 国庫マナ:約3.3万マナ → 約5.3万マナ(聖ヨト暦三三〇年時点)
 GDP:
 動員兵力:約660〜1650人 → 約1060〜2650人
 主産業:農耕と林業、北の山脈での鉱物発掘
 政治形態:世襲制の王政国家
 現国王:ルーグゥ・ダイ・ラキオス王
 主要都市:ラキオス(首都)、エルスサーオ、ラセリオ、ラース
 商業活動:マナが濃く、肥沃な大地を使った農耕が国家の基幹産業。もう一つの基幹産業である林業は、豊富な樹林があり資源的には恵まれているが価格の変動が激しく、安定した収入が見込めないため農業の方が主力となっている。またリクディウス山脈から採掘される鉱物資源をサルドバルトとイースペリアに輸出している。

 大陸最北の国。もともとは現在の北方五国の領土全域を支配していた聖ヨト王国の一部で、内乱による王国の分裂後、他国に先駆けていち早く建国宣言をした。
 国内にヴァーデド湖畔、リクディウス山脈から流れ出る豊富で清浄な水。南に広がるリュケイレムの森と、北のリクディウスの森から得られる良質な木材。マナが濃く、肥沃な大地と、国内に数多くの天然資源を有しており、分裂した五国の中では比較的裕福な国家。
 その経済力を背景に研究を進めているエーテル技術は北方五国随一の水準に達しており、軍事・民生の両方において、他国よりも恵まれた環境を維持している。
 もともとラキオスは聖ヨト王国時代の首都圏に相当し、同国が260年間にわたって記録を続けてきた国家運営の資料をそのまま継承する形で建国できた。北方の小国に過ぎなかったラキオスが一時期は南方まで支配した聖ヨト王国になるまでの歴史が記された資料は、各国が喉から手を出す代物として王室図書館に厳重に保管されてるという。
 隣国にして旧領土のバーンライト王国とは、バーンライトの独立当初から対立している。同国が帝国の傘下に入った際には、自らの主導で“龍の魂同盟”を結ぶなど、バーンライトに対する敵愾心は北方のどの国家よりも強い。
 ラキオスの王族は、全員聖ヨトの王族の血を引いている。

 

 

ラキオス

人口:約4.9万人
年間産出マナ:約19.6万マナ
GDP:

 ラキオス王国の王都。王国の行政・経済・軍事の中心地であり、かつての聖ヨト王国の王都でもある。悠人達の拠点。
 ヴァーデド湖から得られる水産資源と、リュケイレム・リクディウスの両森から得られる木材により、北方最果ての都市ながら経済活動は活発。都市の名物としては菓子ヨフアルがあり、その柔らかな甘味は大陸中の人々に愛されている。

 

 

エルスサーオ

人口:約3.0万人
年間産出マナ:約16.0万マナ
GDP:

 ラキオス王国三大都市の一つで、二番目に栄えている都市。リクディウス山脈より産出されるわずかな鉱物資源と、東の平野を開拓した農耕が産業の主体となっている。
 バーンライトとの国境線が近いため、都市を基地とする方面軍は、王国軍の中でも特に精兵が揃っている。
 本作ではラキオス王の特命を受けた柳也とセラスがこの地を訊ねた。

 

 

ラセリオ

人口:約1.6万人
年間産出マナ:約9.6万マナ
GDP:

 ラキオス王国三大都市中、最南端に位置する都市。規模としてはエルスサーオと同程度だが、土地の保有するマナがエルスサーオに比べて少なく、また林業以外に主な産業がないことから、その経済力は同市に劣る。
 一方で、都市単体としての経済力は低いが、イースペリアとの国交の窓口という役目を担っており、貿易都市としての価値は高い。
 エルスサーオ同様バーンライトとの国境線が近いため、方面軍は精兵が揃っている。

 

 

ラース

人口:約5,000人
年間産出マナ:約8.0万マナ
GDP:

 ラキオス王国の西端に位置する町。聖ヨト王国時代にいくつかの集落が集まって出来た町で、都市というほど巨大ではないが、村というほど小さくもない、微妙な規模。しかしながらサルドバルトとの国交を結ぶ要衝という意味で、その価値は町の大きさでは図れないものがある。
 広大なリュケイレムの森を相手にした林業と、バーンライト、イースペリアから流れてくる清浄な水を使った農業が主産業で、他にはサルドバルトとの貿易がある。
 接している国境線が同盟国側とあって、駐屯する戦力は小規模。
 その地理的な安全性から、本編では新型エーテル変換装置及び施設の実験場として用いられていた。

 

 

ラキオス王国軍の特徴

 公開総兵力:1,650名(聖ヨト暦三三〇年現在)
 公開スピリット総数:100体(聖ヨト暦三三〇年現在)

 ラキオス、エルスサーオ、ラセリオの各都市に一個軍、ラースの街に一個大隊の計三個軍一個大隊が平時の基幹戦力となっている。
 各軍は司令部の置かれている都市の名前で呼称され、たとえばラキオス駐屯の軍の場合はラキオス方面軍となる。ただし、首都駐留の軍隊は首都直轄軍と呼ばれることもある。
 もともと高水準のエーテル技術を持ち、他国と比較して良好な環境を整備されているためスピリット達の練度は高い。
 現在はエトランジェ・ユートとリュウヤの召喚に伴って、軍の再編が進んでいる。

 

 

龍の魂同盟

 ラキオス王国、サルドバルト王国、イースペリア王国の三ヶ国間で結ばれている軍事同盟。バーンライト王国の帝国への接近を受けたラキオスが主導となって結ばれた。
 参加国には相互に対して多岐にわたる軍事支援が義務付けられている。
 バーンライトの兄貴分たるダーツィ大公国を牽制するためにはイースペリア王国の力が必要不可欠である。また、イースペリアとの緊密な連携のためにはサルドバルト王国の協力もまた必要不可欠である。このような考え方から生まれた同盟はイースペリア、サルドバルトにとっても旨味のあるものであり、いまのところ同盟は正常に機能している。……いまのところは。

 

 


王族

ルーグゥ・ダイ・ラキオス  Loogue Dai Lakios 

 初登場:EPISODD−06
 所属国家:ラキオス王国
 妄想身長:172cm 妄想体重:秘密じゃ♪(やっちまったぜ…)
 妄想腹まわ…なんでどぅぼぁはあっっ!!
 CV:高岡政人

 原作「永遠のアセリア」において貴重な親父分を供給している一人。尊大な態度はほぼ原作通りだが、本作では柳也の存在が、その胸中に秘める野望を増大させていく……予定(あんま大風呂敷を広げすぎると収拾がつかなくなる可能性があるしね)。実は「永遠のアセリア」においてタハ乱暴がいちばん気になっているのは、ソーマとラキオス王とではどっちが腹回りが大きいかとかなんとか。

 

 

レスティーナ・ダイ・ラキオス   Lestina Dai Lakios

 初登場:EPISODE−06
 所属国家:ラキオス王国
 身長:154cm 体重:42kg
 スリーサイズ:66/54/66
 CV:三木本彩響

 原作「永遠のアセリア」のヒロインの一人。PS2版以降はもれなく強力なお仲間が付いてきます(笑)。彼女自身はほぼ原作通りの設定だが、彼女を取り巻く環境が本作独自のものになると思われる。具体的には政治的なしがらみとか。

 実父ラキオス王の底知れぬ野望に危機感を抱いており、ダグラスと柳也の動きに対して警戒している(2009年8月5日追加)。

 

 


軍人

リリアナ・ヨゴウ   Liliana Yogo

 初登場:EPISODE-07
 加入時期:ミッション1
 所属国家:ラキオス王国
 身長:174cm 体重:66kg
 妄想CV:西前忠久
 

 半オリジナル・キャラクター。原作「永遠のアセリア」にも登場するキャラクターだが、名前だけの登場なので、この際“半”と注釈をつけておく。
 ラキオス・スピリット部隊の訓練士のひとりで、ラキオス王より直々に剣術指南役の任を拝命された中年の剣士。現代世界でいうところのファルシオンの使い手で、その技量は人間ながら永遠神剣所持者である(ほとんど丸腰の状態で、柳也にまだ人を殺すほどの覚悟ができていなかったとはいえ)柳也と互角の戦いを繰り広げるほど。得意技はファルシオンの重量を活かして斬りかかる“リープアタック”。
 向上心に富んだ性格の持ち主で、ラキオス王から与えられた剣術指南役という肩書きを、なによりも誇りに思っている。ルーグゥ・ダイ・ラキオス国王に熱心に忠誠をよせているが政治の世界に興味はなく、王に対する忠誠も自分の腕を認めてくれたからという理由からくるもの。<
 訓練士という職業柄、スピリットと接する機会が多く、彼女達に対する差別意識はそれほどではないが、基本的に自分と彼女達とでは、戦いの土俵が違うと考えている。

「サムライはまこと愉快な男よのう」
「ラキオス国王陛下から直々に剣術指南役を拝命したこのリリアナ・ヨゴウの、“リープアタック”を受けてみるかッ!!」

 

 

セラス・セッカ   Serasu Sekka

 初登場:EPISODE-11(実質的にはEPISODE-09から)
 加入時期:ミッション1
 所属国家:ラキオス王国
 身長:181cm 体重:76kg
 妄想CV:緑川光

 半オリジナル・キャラクター。原作「永遠のアセリア」にも登場するキャラクターだが、名前だけの登場なので、この際“半”と注釈をつけておく。
 ドラゴン・アタック作戦の後、ラキオスの訓練士として登録された騎士。その正体は打倒リリアナ・ヨゴウに燃えるモーリーン・ゴフその人であり、セラスというのは偽名である。
 同一人物であるため当然だがその人格はモーリーン・ゴフのそれとまったく同一。高潔な魂を持つ騎士であり、自分のことよりも民のことを優先する硬骨漢。騎士としての自分の生き方に哲学を抱いており、たとえそれが客観的にみて最善の選択であっても、自身の倫理から逸脱するようであれば決して実行を許さない信念の人でもある。
 騎士のたしなみとして剣術は勿論のこと、槍術、弓術、馬術にも精通し、また学問に対する造詣も深い。特に剣術と馬術を得意としている。
 その真面目さゆえに堅物と捉えられがちだが、融通無碍なところもある。聖ヨト暦三三〇年時点で二五歳とまだ若いが、周囲からの信頼は厚い。
 わずか十七歳で国を離れ、以来八年もの間修行と旅に明け暮れていたため女性経験が少なく、女性に対する免疫に欠けるところがある。そのため、セクシャルなネタをふられると弱い。
 スピリットに対する差別意識は一般人レベル。

 有限世界の住人としてごく自然にスピリット差別の思想を受け入れていたセラスだったが、桜坂柳也と関わっていくうちに、やがてその思想に疑問を抱くようになっていった。
 EPISODE:20では衣服を破いてしまったニムントールに針を貸すなど、スピリットやエトランジェに対する差別意識はかなり軟化している。
 特に柳也に対しては、同じ剣者の道を歩む者ということもあり、信頼と友情の念を抱いている(2009年1月10日追加)。

「……お前はこの世界に犯罪に手を染めるためにやって来たのか?」
「着いてきてくれ。残念ながら私の力では、スピリットとは正面から戦えん。私では、リュウヤたちを救えん」

 

 

ヤンレー・チグタム   Yanrear Chigutamu

 初登場:EPISODE-18
 所属国家:ラキオス王国
 身長:167cm 体重:84kg
 妄想CV:事務台車

 オリジナル・キャラクター。ラキオス王国軍エルスサーオ方面軍司令長官。聖ヨト暦三三〇年時点で齢五六歳の将軍だが、いまだ直接指揮した実戦経験のない年若い軍人でもある。
 思い込みが強く、物事を型にはまった視点でしか見れない傾向がある。きわめて自己顕示欲が強く常日頃から勲章を得るチャンスを探している。また、柳也とは違った意味で女好き。
 王国軍学校を次席で卒業したエリートだが、我の強さが災いして王国軍内部でも扱いに困っている。本人は、自分はもっと中央を歩けるだけの実力がある、と信じ込んでおり、最前線のエルスサーオでの勤務を不満に思っている。
 ちなみに、名前を逆さに読むとあら不思議、軍オタのタハ乱暴をして、こいつはないだろう、と思える将軍の名前が出てくる。

 

 

ギャレット・リックス   Gyaretto Likkusu

 初登場:EPISODE-18
 所属国家:ラキオス王国
 身長:185cm 体重:82kg
 妄想CV:鳥海浩輔

 オリジナル・キャラクター。ラキオス王国軍エルサーオ方面軍に所属する軍人で、強烈な妖精差別主義者。いわゆる職業軍人ではないが王国軍にそれなりの忠誠を誓っており、同方面軍勤務の兵の中でも古参の部類に入る。
 寡黙な性格の持ち主で、一見すると何を考えているのか分からない節がある。しかし兵士としての実績は豊富で、方面軍内部での信頼は厚い。また、どちらかといえば肉体派の体育会系であり、軍内部での上下関係には厳しいタイプでもある。
 有限世界の軍人の中に会って高水準の身体能力を持ち、恵まれた体格もあって格闘戦時には高い攻撃力を発揮する。弓の名手でもあり、丸太のような太い腕からは、ロング・ボウで一分間に十二本という発射速度で矢を射ることが出来る。
 首都圏からやって来た騎士であるセラス・セッカに尊敬の念を抱いている。しかしその一方で、エトランジェである柳也と普通に接する彼に不信感を抱いてもいる。

 

 

シークラウス・アスコム   Shirkuraus Asucom

 初登場:EPISODE-32
 所属国家:ラキオス王国

 オリジナル・キャラクター。元ラキオス王国軍ラセリオ方面軍所属の下級将校で、妖精差別主義者。気分屋な面があり、その日の気分一つでスピリットをいたぶる。趣味は園芸。元々は農家の次男坊だった。  

 

 

オージー・パレス   Oergir Paresu

 初登場:EPISODE-32
 所属国家:ラキオス王国

 オリジナル・キャラクター。元ラキオス王国軍ラセリオ方面軍のスピリット隊訓練士。ギャレット以上の妖精差別主義者で、スピリットに肉体的な虐待を与えることで嗜好を満たしていた。
 作中ではすでにラキオス王国軍に籍を置いていないが、その存在はネリーとシアー、そしてセリア達の過去に暗い陰を落としている。現在の消息は不明。

 

 


政治家

ダグラス・スカイホーク   Douglas Skyhawk

 初登場:EPISODE-11
 所属国家:ラキオス王国
 身長:177cm 体重:75kg
 妄想CV:梅津秀行

 オリジナル・キャラクター。ラキオス王国通産省の大臣で、物語開始時点での年齢は五六歳。風見鶏の異名を取る冷徹なマキャべリストでもある。
 カミソリのように鋭利な決断力と、冷徹な頭脳を持つ優秀な政治家で、国内外に太い人脈のパイプラインを持っている。猪猛突進型としての一面も持つが、基本は沈着冷静。五六歳とまだ若く、政治家として気力と体力、そして行動力に満ち溢れている。
 目的のためならば手段を選ばぬマキャベリストであり、その思考はラキオスのさらなる発展のためのみに使われる。ラキオスのためならばダーティな手段も厭わないと考えており、彼の手によって失脚した政治家は多い。
 ラキオス王に、というよりはラキオスという国そのものに忠誠と愛着、そして崇拝の念を抱いている。その心はある意味で誰よりも純粋。
 ちなみにその名前はタハ乱暴の趣味が多分に含まれている。ネタを瞬時に理解した人は立派な軍オタ(笑)。

「あの男は、私のことをならず者と言ってのけました」
「私はこの国を愛しているからな」

 

 


ダグラスの密偵

リリィ・フェンネス   LiLi Fenness

 初登場:EPISODE-20
 所属国家:ラキオス王国
 身長:151cm 体重:45kg
 スリーサイズ:77(B)/55/74
 妄想CV:井村屋ほのか

 オリジナル・キャラクタ。ダグラス・スカイホークが私的に抱える密偵の一人で、要するにスパイ。一応、王国軍に籍を置いているが、それは偽りのものである。コードネームは〈隠七番〉
 無口無表情な態度を常としており、取っ付きにくさはあの女好きの柳也をしてたじろぐほど。しかし、それはスパイ活動をする上で作り上げた仮面であり、本来の彼女はとても人懐っこい、穏やかな性格をしている。
 スパイとしての能力は高く、武芸者としても相当な実力を持っている。その力量はダグラスも認めるほどだが、突然のアクシデントに弱いなど、まだまだ未熟な面も目立つ。朝にも弱い。
 BOL 作戦で柳也と顔を合わせて以降、ダグラスと柳也の間をつなぐ連絡員のような役割も担うようになった。
 ダグラス・スカイホークに絶対の忠誠を誓っており、彼との関係やファンタズマゴリア人にも拘らず、地中海系の顔立ちをしているなど、何かと謎の多いキャラでもある。

 ラキオス王国軍の下級将校としての軍籍を持つ。また、手先が器用でヌイグルミ作りを趣味としている。その私室には、ファンタズマゴリアには存在しないはずの本が数多く並べられている。ホント、謎の多い人物だ(2010年1月追加)。

 

 

隠弐番

 初登場:EPISODE-26
 所属国家:ラキオス王国
 身長:176cm 体重:69kg
 妄想CV:三木眞一郎

 オリジナル・キャラクタ。ダグラス・スカイホークが私的に抱える密偵の一人。その正体は不明だが、リリィよりも高い実力を誇るらしい。

 

 

隠十番

 初登場:EPISODE-26
 所属国家:ラキオス王国
 身長:171cm 体重:63kg

 オリジナル・キャラクタ。ダグラス・スカイホークが私的に抱える密偵の一人。その正体は不明だが、リリィよりは能力的に劣るらしい。

 

 


技術者

オーラリオ・クリプトン

 初登場:EPISODE-14
 加入時期:ミッション4
 所属国家:ラキオス王国

 半オリジナル・キャラクター。原作「永遠のアセリア」にも登場するキャラクターだが、名前だけの登場なので、この際“半”と注釈をつけておく。
 ラキオス王国の技術者のひとりで、新型小型エーテル変換施設実用化プロジェクト・チームのリーダー。王立大学でエーテル技術論を学び、同大学を首席で卒業したエリートでもある。
 まだ三五歳と研究者としては若輩ながらその頭脳と人間関係の調整能力は国王からも評価されている。新型変換施設の基礎理論は彼が考案したもので、ラースではその試験運用中に襲撃を受けた。
 180センチという長身に加えてがっしりとした体格の持ち主で、顔立ちも端麗。原作ゲームではエーテル関連施設、リアクタ関連施設の建築を得意としている。

 

 

リリ・ララ   Lili Lala

 初登場:EPISODE-14
 加入時期:ミッション4
 所属国家:ラキオス王国

 半オリジナル・キャラクター。原作「永遠のアセリア」にも登場するキャラクターだが、名前だけの登場なので、この際“半”と注釈をつけておく。
 ラキオス王国の技術者のひとりで、オーラリオの部下。年齢は五十台半ばほど。オーラリオ同様180センチの長身の持ち主だが、身長のわりに体格は小柄で、いかにも学者タイプといった容姿をしている。
 年齢のわりに気弱な性格の持ち主。原作ゲームでは防衛施設の建築を得意としている。

 

 

マリオ・リンドバーグ   Mario Lindebarg

 初登場:EPISODE-38
 所属国家:ラキオス王国

 オリジナル・キャラクター。王立技術研究所に務める服飾デザイナーで、エーテル技術を取り入れた衣料の研究者。元は城下の町工場で機織りを生業とする職人で、三十代の時に王立研究所への勤めるようになった。整った顎鬚が特徴の四五歳。
 豪快な性格の持ち主で、良くも悪くも職人気質の人物。新しい技術の習得に貪欲で、異世界の服飾の知識を提供してくれる柳也のことを気に入っている。スピリット、エトランジェに対する差別意識は薄い。
 その腕前は本物で、柳也のM-43フィールドジャケットの製作に携わった他、ナイロンやポリウレタンが存在しない有限世界で、旧型スクール水着を作った。天才。

 

 


首都直轄軍スピリット

アセリア・ブルースピリット   Aselia the Existence

 初登場:EPISODE−04
 永遠神剣:第七位「存在」  身長:157cm 体重:40kg
 スリーサイズ:74/55/75
 CV:清水香

 スピリット・タスク・フォースのページに転載。

 

 

エスペリア・グリーンスピリット   Espelia the Devotion

 初登場:EPISODE−04
 永遠神剣:第七位「献身」
 身長:160cm 体重:48kg
 スリーサイズ:86/57/87
 CV:カンザキカナリ

 スピリット・タスク・フォースのページに転載。

 

 

オルファリル・レッドスピリット   Oruphaliru the Principle

 初登場:EPISODE-12
 永遠神剣:第八位「理念」
 身長:138cm 体重:28kg
 スリーサイズ:63/50/64
 CV:大野まりな

 スピリット・タスク・フォースのページに転載。

 

 


第二詰め所のスピリット達

ネリー・ブルースピリット   Nelie the Silence

 初登場:EPISODE-28
 永遠神剣:第八位「静寂」
 妄想身長:145cm 妄想体重:38kg
 妄想スリーサイズ:69(AA)/56/71
 CV:本条真琴

 詳しくはスピリット・タスク・フォースのページにて。

 

 

シアー・ブルースピリット   Shiah the Loneliness

 初登場:EPISODE-28
 永遠神剣:第八位「孤独」
 妄想身長:145cm 妄想体重:39kg
 妄想スリーサイズ:75(B)/56/72
 CV:文月かな

 詳しくはスピリット・タスク・フォースのページにて。

 

 

ヒミカ・レッドスピリット   Himika the Red light

 初登場:EPISODE-28
 永遠神剣:第六位「赤光」
 妄想身長:162cm 妄想体重:52kg
 妄想スリーサイズ:82(B)/63/84
 CV:嶋野比奈

  詳しくはスピリット・タスク・フォースのページにて。

 

 

ハリオン・グリーンスピリット   Halion the lone

 初登場:EPISODE-28
 永遠神剣:第六位「大樹」
 妄想身長:165cm 妄想体重:55kg
 妄想スリーサイズ:95(F)/65/86
 CV:如月葵

  詳しくはスピリット・タスク・フォースのページにて。

 

 

ヘリオン・ブラックスピリット   Helion the

 初登場:EPISODE-28
 永遠神剣:第九位「失望」
 妄想身長:148cm 妄想体重:41kg
 妄想スリーサイズ:73(A)/53/71
 CV:山本直

  詳しくはスピリット・タスク・フォースのページにて。

 

 


エルスサーオ方面軍スピリット

ニムントール・グリーンスピリット   Nimnthor the Dawn

 初登場:EPISODE-18
 加入時期:????
 永遠神剣:第八位「曙光」
 ハイロゥ:シールド・ハイロゥ 属性:緑
 所属国家:ラキオス王国
 妄想身長:143cm 妄想体重:40kg
 妄想スリーサイズ:66(AAA)/55/68
 CV:茶谷やすら

 原作「永遠のアセリア」サブスピリットの一人。まだツンデレという言葉が一般化していなかった初代アセリア発売当時、多くのユーザーをその小悪魔的釣り目によって虜にしたツンデレキャラ。エレメンタルブラストの威力が緑スピリット中誰よりも強いが、やはり最大の武器は魅惑の茶谷ぼいすだろう。タハ乱暴お気に入りのキャラの一人。……う〜む、贔屓してしまいそうで自分で自分が心配だ。本作独自の設定として、エルスサーオで訓練をしていたというのがある。それ以外の設定はおおむねスピたんに準ずる(スピたんかい!)。

王国軍認定公式戦果(EPISODE:32時点)

合計 人間 エトランジェ
0 0 0(1) 0 0 0(1) 0 0 0

 

 

ファーレーン・ブラックスピリット   Faren the Moon light

 初登場:EPISODE-18
 加入時期:????
 永遠神剣:第六位「月光」
 ハイロゥ:ウイング・ハイロゥ 属性:黒
 所属国家:ラキオス王国
 妄想身長:162cm 妄想体重:51kg
 妄想スリーサイズ:89(D)/61/84
 CV:竜ヶ崎まや

 原作「永遠のアセリア」サブスピリットの一人。家族の概念がないスピリット社会において、ニムントールと姉妹の契りを結んでいる(別に桃園の誓い的なことをしたわけではない)。ニムのためならたとえ火の中水の中を、地で行く方。彼女もニムントール同様エルスサーオの訓練兵という点のみ、原作と異なる設定。ところで、ファーレーンの神剣の名前は先にニムの〈曙光〉があって、そこから〈月光〉を連想したのだろうか? もし違うのならやはり仮面の人だから〈月光〉を……いやいやいや。

王国軍認定公式戦果(EPISODE:32時点)

合計 人間 エトランジェ
0(1) 0(3) 0 0 0 0(4) 0 0 0

 

 

アイシャ・レッドスピリット   Aisha the Devout

 初登場:EPISODE-18
 永遠神剣:第七位「敬虔」
 ハイロゥ:スフィア・ハイロゥ 属性:赤
 所属国家:ラキオス王国
 身長:156cm 体重:49kg
 スリーサイズ:83(C)/61/81
 妄想CV:かわしまりの

 オリジナル・スピリット。ラキオス王国軍エルスサーオ方面軍第二大隊の大隊長で、ファーレーンらの暮らす詰め所の管理人も兼任している。
 アセリアほどの戦闘力もなければエスペリアのように事務能力に長けているわけでもなく、大隊長クラスのスピリットとしては平凡な実力の持ち主。しかし面倒見の良い性格で、部下や同僚からの信頼は厚い。
 スピリットである自分たちにも礼節をもって接する柳也に好感を抱いている
 また、バトル・オブ・ラキオスのためにエルスサーオにやって来たセラス・セッカに特別な好意を抱いている。

王国軍認定公式戦果(EPISODE:32時点)

合計 人間 エトランジェ
1 1 3 0 0 5 0 0 0

 

 

セシリア・ブルースピリット   Seshilia the South Sea

 初登場:EPISODE-18
 永遠神剣:第六位「南洋」
 ハイロゥ:ウイング・ハイロゥ 属性:青
 所属国家:ラキオス王国
 身長:147cm 体重:42kg
 スリーサイズ:75(C)/54/73
 妄想CV:春日アン

 オリジナル・スピリット。ラキオス王国軍エルスサーオ方面軍第二大隊に所属するスピリットで、同大隊では最年少のスピリット。
 低身長かつ小柄な体格ながら、戦闘では強力な一撃を主軸にしたパワー戦法を得意とする。最年少ながら個人としての実力は高く、経験を積んで成長していけばいずれ大隊長クラスは確実といわれるほどの才覚を持つ。
 大胆なバトル・スタイルに反して本人の性格はいたって温厚で、やや臆病な側面が強い。人見知りするタイプではないが、控え目なその性格からそう思われがち。
 詰め所では自ら進んで茶汲み係を務め、彼女の淹れる茶は大隊内での評価も高く、最前線エルスサーオのスピリット達にとって癒しの一つとなっている。ひそかに抱いている将来の夢は本格的に茶の勉強をすること。
 訓練兵だが年の近いニムントールと仲が良い。スピリットの自分に対して初めて優しく接してくれた柳也に特別な感情を抱いているが、あの変態は可愛い妹くらいにしか思っていない。

王国軍認定公式戦果(EPISODE:32時点)

合計 人間 エトランジェ
1 0 1 0 0 2 0 0 0

 

 


ラセリオ方面軍スピリット

セリア・ブルースピリット   Selia the fever

 初登場:EPISODE-31
 加入時期:????
 永遠神剣:第七位「熱病」
 ハイロゥ:ウイング・ハイロゥ 属性:青
 所属国家:ラキオス王国
 妄想身長:162cm 妄想体重:52kg
 妄想スリーサイズ:87(D)/61/89
 CV:秋月まい

 原作「永遠のアセリア」サブスピリットの一人。まだクーデレという言葉が一般化していなかった初代アセリア発売当時、多くのユーザーをそのポニテで虜にしたにも拘らず、次回作のスピたんではそれを解いてお母さんキャラを定着させた。アセリアの幼馴染。
 基本的な設定は原作を踏襲しているが、過去の設定を独自に捏造。また、悠人達との合流以前はラセリオを防衛していたという設定。それ以外はおおむねスピたんに準ずる(またかよ!)。あ、ちなみに本作はちゃんとポニテ。

王国軍認定公式戦果(EPISODE:32時点)

合計 人間 エトランジェ
1 2 1 1 0 5 0 0 0

 

 

アリア・ブルースピリット   Alia

 初登場:EPISODE-31
 ハイロゥ:ウイング・ハイロゥ 属性:青
 所属国家:ラキオス王国

 オリジナル・スピリット。ラセリオ方面軍第二大隊に所属する青スピリットで、セリアやアセリアの後輩。ネリーとシアーの姉的存在……だった。
 作中ではすでに故人だが、その存在はネリーとシアーの過去に暗い陰を落としている。

 

 


見出しジャンプ

ページの最初へ   ラキオス王国概要へ   王族   軍人   政治家   ダグラスの密偵   技術者  

首都直轄軍所属スピリット   第二詰め所のスピリット達   エルスサーオ方面軍スピリット

ラセリオ方面軍スピリット

 

 

 

 

 

▲頂きものの部屋へ

▲SSのトップへ



▲Home          ▲戻る